トップページ | 2006年2月 »

レンタカーを走らせてパート3

ケアンズに来た人のほとんどがここキュランダへ訪れる。

ケアンズから北西へ30kmの高原にある熱帯雨林に囲まれた村である。

今回の目的はバロン渓谷を見渡せる展望台へ行くことだった。

ここへはキュランダ観光鉄道やスカイレールなどでも行ける、どちらも違った景色が楽しめるので自分達でチョイスするといいでしょう。

takeちゃん達はレンタカーで来ました。パーキングに車を止めてバロン渓谷へ歩いて行きます。

P1000252 しばらく歩くとキュランダ観光鉄道のレールの上を通ってバロン渓谷に着きます。P1000253

壮大な滝を見て大自然の凄さをあらためて感じるtakeちゃんは一言。

「すげえ・・・・・・。」 ボケーと眺めてましたwww

キュランダの村に着くとなぜか日本人の多いことに気が付いた。

ここは日本かと思うくらい多かった。しかもお店では「いらっしゃいませー」との声がする。

カフェやレストランでは日本語メニューがある。お昼も近づいてきたのでせっかくだから日本人のいない所を探した、てくてくと村を歩いているとなんだか美味そうな香りがしてきた。

そこには鉄板でソーセージと玉ネギを炒めるおば様とハジけたねーちゃんが

「ウチのホットドッグは美味しいよ~!」と叫んでる。

P1000259 ビビッときたtakeちゃんはおば様に聞いた「お勧めはなんだい?」

おば様「ウチのソーセージは最高だよ。なんせ本場ドイツ仕込みだからね!これにしときな!」とtakeちゃんに渡してくれた。

食べてみると美味いじゃねーか!ソーセージは噛むとプチッと音がし肉汁があふれ出てくる、肉汁でパンがふやけてくるほど出てくる。

ビールと一緒にやっつけたかったが運転手なのでコーラで我慢しました。

運転手はつらいの~^^。

そしてパームコーブのアンソナホテルへ戻りました、もちろん速攻でビールを開けて一気飲み。

レンタカー生活はここで終わります。オーストラリアは車社会の国、ないとほんと不便なのです。

もし行かれる方は国際免許を取得しておくといいよ♪きっといい思い出になること間違いないかもね^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンタカーを走らせてパート2

レンタカーを借りて2日目は「ジェイクス・コーヒー」というコーヒー農園へ行った。

ここのオーナーはオーストラリアでも上質なコーヒーを栽培したいと情熱を注いできて大農園となり、今ではカフェやレストランでも大人気なんだとか。

お勧めのコーヒーを頂いた、酸味があってコクがある。takeちゃんの好みだ。

P1000240 ふとこんな乗物を発見!めずらしそうに見てたら、体格のいいおじ様が近づいてきて話しかけてきた。

おじ様「乗ってみるかい?」

takeちゃん「冗談でしょ?怖いよ、それに安全なのかい?」

おじ様「大丈夫だ!俺はパイロットでカミさんや息子もパイロットなんだぜ!」

おじ様はこのコーヒー農園のオーナーだった。そしてこの乗物はマイクロライトというらしい。20分のフライトで80ドルなんだって。

こんな乗物はまず乗れないだろう、ゴールドコーストでうんざりするほど絶叫マシーンに乗ったtakeちゃんに怖いものはもう何もなかった。

P1000242 ヘルメットを被るとオーナーと話ができるようになっている。オーナーは計器の説明をしてくれる、これが高度計だのGPSだのと。

こんな乗物でも管制塔に報告するんだね!「今から20分ジェイクス・コーヒー農園の周りを飛びます。」みたいなことを言ってました。

P1000244 そして滑走路を走りいよいよテイクオフ!飛びました、操縦はオーナーが両手でバーを握り風を感じ微妙に動かしてました。上空では風がもろにあたります、お茶目なオーナーは「急降下するぜ!いいかい?3秒後だ!」

「オーケー!」 「3・2・1・ゴー!」もうたまらんてwww^^

そして20分後無事着陸したtakeちゃん達を迎えてくれたのは鴨の家族達でした。

P1000248 偶然のお迎えにオーナーも「君はラッキーだよ!こんなことは初めてさ!何かいいことあるかもね!」と。

いやほんと楽しかった!今年は何かいいことあるといいな!www

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンタカーを走らせてパート1

P1000223 ケアンズではレンタカーを借りた、キャプテンクックハイウェイを気持ちよく走らせると黄色い標識が目に入った。カンガルー?

「カンガルーに注意」そう野生のカンガルーが出てくるらしい。ガイドさんに聞いた話では夜行性だから明るいときは出てこないとのこと。で一応聞いてみた、takeちゃん「夜出てきてカンガルーとぶつかったらどうなるの?」

ガイドさん「諦めましょう。」というのは車のライトの光を見て動かないんだって。だから撥ねてしまうしかない。撥ねなきゃ自分がどうにかなってしまう。なんとも悲しいことです。

夜は絶対運転しないぞ!で朝からのドライブになりました。ポートダグラスへはハイウェイをひたすら走ります、40分くらいで無事到着。

写真は4マイルビーチ曇ってたのが残念でした。車を止めてポートダグラスの町をのんびりと散策。マリーナでヨットやクルーザーを眺めショッピングセンターをぶらぶら、そろそろお昼にしようとお店探し。

中華のお店を発見、店の外にメニューがあったので(日本語)見てたら、店内で食事をしている写真が目に入った。なんとそこにはアメリカ前大統領クリントン氏ではないか!

別の写真にはTVドラマ「24」の主人公、ジャックことキーファ・サザーランド氏も!

さすが世界のセレブがお忍びで滞在する街ポートダグラス。

メニューもなかなか良かったのでここでランチにしようと突撃しました、ん?何か静かだ、

いやな予感。なんてこった夕方からの営業だよ~しょぼーん。

セレブが来るお店はランチは営業しないのねw。結局、フィッシュ&チップとチキンカレーだった。

P1000229 海外へ行くとtakeちゃんは運転手、鬼嫁のいいなりなのさ。

でシェラトン・ミラージュ・ポート・ダグラスへ行った。写真はやっと晴れてくれたときのもの、ここのホテルのプールは広い!とにかく広い!こんな広いホテルのプールは初めて見た。セレブ仕様なのかな?

P1000231 ポートダグラスから10分も走ると世界遺産モスマン渓谷へ到着しました。

車をパーキングに止めて熱帯雨林の道を歩いていくと世界最古の森へ到着します、透き通った川が流れるここは水遊びにも人気で世界各国の観光客が訪れるらしくちびっ子から大人までいっぱい遊んでいました。

takeちゃんもマイナスイオンたっぷり頂きましたよw。リフレッシュ、リフレッシュ。

青い空に白い雲、そして大自然の森でのドライブは無事に終了。P1000234

知らない土地でね運転は疲れるよね!

部屋に帰ってすぐ冷蔵庫へ向かうtakeちゃんはビールを取り出し

プシュッ!最高だね!!!  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベスト 3 の絶叫マシーン IN ゴールドコースト

ゴールドコーストではムービーワールド、ドリームワールドなどへ行ってこれでもか!というくらい絶叫マシーンに乗った。(っーか乗せられた)

ここまでで何種類乗ったのだろう?ムービーワールドでスーパーマン、リーサルウエポン、バットマン、ドリームワールドでジャイアントドロップ、タワーオブテラー、クロー、ワイプアウト、サイクロン。結構乗ったのー。

しかしここゴールドコーストでは街のド真ん中に絶叫マシーンがあるのさ。

ここは昼から深夜まで営業しているからその時の気分で楽しめるアトラクション。

takeちゃんはここで「逆バンジー」、「VOMATRON」を乗った。(乗らされた)P1000166

もう、「どーでもいーですよー。」ってな感じで乗りました・・・

takeちゃんの中でランキングが変わりました。

1位「スーパーマン・エスケープ」

2位「VOMATRON]

3位「逆バンジー」

これがゴールドコーストでの絶叫マシーンベスト3です。(自分なりにねw)

ストレス溜まった方はお勧めします!ゴールドコーストは死んだつもりになれますよー。

P1000171 でも生きてたら美味しいアイスが食べれます。

このアイスは最高です。無添加のアイスってこんなに美味しいの?

takeちゃんはバクバク食べました。

そしてオーストラリアに来たらカプチーノがお勧め!とってもクリーミーです。コーヒーはどこのお店でもオーダーが入ってから豆を挽いて提供してくれます。

ちなみにtakeちゃんは日本ではあまりコーヒーを飲みに行くことがない、なぜか海外へ行くと飲みたくなるんだよね~^^。

P1000213

| | コメント (0) | トラックバック (0)

takeちゃん in ムービー・ワールド

ムービー・ワールドへ行った、ここは人気映画を多く手掛けるワーナー・ブラザーズ。その代表作をモチーフにしたアトラクションが楽しめるところ。隣接するスタジオでは今でも映画の撮影も行われているらしい、もちろんここは関係者以外立ち入り禁止です。

P1000088 最初に乗ったアトラクションは「スーパーマン・エスケープ」ここは地下鉄に乗ってて災害にあい地下から脱出できないところをスーパーマンが助けにきてくれるというテーマなのさ。前回ドリーム・ワールドの話を書いたけど、ムービー・ワールドが先だったのさ。そうラリアに来て絶叫マシーンに乗ったのは「スーパーマン」が始めてだったのだ。ガイドさんから聞いたのはこれを乗った後の日(それがドリームの日)だった。なんでもこの「スーパーマン」は12月の下旬に完成したらしく、現地のマスコミやテレビ番組等では特集までやってたとか。

そう、このアトラクションはオーストラリアの中でもかなり期待されているものだったのさ。

ガイドさんは「絶叫マシーンに乗りなれていない人は止めたほうがいいですよ」と言っていました。(takeちゃんはもう乗ったあとだてw)とにかくこれは凄かった。時速100kmを2分間上下左右にグリグリ回りもうなにがなんだかわかりません!最初にこれだぜ・・・。P1000092

あとは「リーサル・ウェポン」、「バットマン」を乗ったけどたいした事なかった、(それなりに楽しかったんだよ)テーマパークを歩いているとバットマンが居たり、バービーが歩いていたり、結構楽しい。写真は実際撮影に使ったバットマンカーとかあったり、P1000096 映画ファンにはたまらないテーマパークだね。今回は短い時間しか遊べなかったけど機会があれば1日遊びに行きたいとこだったね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドリームワールド絶叫マシーン編

前にも書いたがドリームワールドには絶叫マシーンが5種類ある。

まずtakeちゃん達が向かったのは「ジャイアント・ドロップ」これは8人掛けのリフトに座って

120mの高さから時速135kmのスピードで垂直に落下するフリーフォール系のマシーン。何でも120mの高さというのは世界一だそうだ。

入口までの列を見たらそんなに並んでいなかったのですぐ最後尾へ。20分ほど待って入れた、甘かった。建物の中に入ると50~60人くらい並んで待っている!1回に8人として約7回は待たなくてはならない。後ろを見るともう後には戻れないほどの人だらけ。

結局40分ほど待ってやっとtakeちゃん達の番がきた、サンダルを脱いでポケットの中に何も入ってないことを確認してシートに座る。肩からしっかりとホールドしてもらい、シートベルトをきつく締める。この時点で足はブラブラ状態。

で始まりました、スルスルと上空へあっと言う間に到着。天気は少し曇りだったけど120mからの景色は少し離れたゴールドコーストの高層ビル、山などが綺麗に見えました。下を見てみた、・・・・・・。

40秒ほど上空で止まっていました、「いつ落ちるのかな?」とまわりで声がする(英語)、隣同士で顔を見合わせて笑っていたその時!!・・・・・・・・・・・・落ちました。

世界一を経験してきますた・・・・・・。

続いて「タワー・オブ・テラー」これはオープンカーで猛スピードで38階分のタワーを駆け上り、一瞬静止したかと思うと、今度は後ろ向きに落下するというスリル満点のマシーン。

ちなみに最高速度時速は160km重力は4・5Gもちろんこれも世界記録なのだ。

ここは回転がよくて(日本では考えられない)10分ほどで楽しめた。

お昼からは「クロー」これは‘04年9月にできた究極の絶叫マシーン。スイングしながら9階だてに相当する高さまで上がり、宙吊りになったり360度スピンするという最恐のマシーン。ここも回転がよく10分ほどで楽しめた。

takeちゃんは90秒の間ブルンブルン振り回されました・・・・・・。

ここは心臓の強い人だけにおすすめします。

もうここまできたら制覇するしかない!ということで「ワイプアウト」へここはもし自分が、肘掛け椅子に座って大きな津波のうねりに乗ったら・・・?という設定のマシーン。なんでもこのタイプは世界に3つしかないらしい。2本の支柱に取り付けられた大きな金属製の「腕」がきりもみ状に回転し、座ったまま斜めになったり、天地が逆さになったり、もう何がなんだかわからんかった。

最後は「サイクロン」ここは南半球最大の高さとスピードを誇るジェットコースター。地上40mの高さのところを猛スピードでサイクロンのように縦横無人に走り抜けていく。

これで全部制覇しました。takeちゃんのドリームワールド絶叫ランキングは

1>「クロー」

2>「ワイプアウト」

3>「ジャイアント・ドロップ」

4>「タワー・オブ・テラー」

5>「サイクロン」

となりました、機会があればみなさんどうですか?死んだつもりで!www

P1000142 写真はお昼を食べに行くときにタイガー・アイランドを通ったのでパシャリ。ホワイト・タイガーやベンガル・タイガーは世界でも珍しいんだってさ!

以上ドリームワールドでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日は誕生日そしてブログも

P1000129 「118」今日はtakeちゃんの生まれた日、そしてブログも今日からスタートとなりました。

ブログの引越しもこれで3回目、いったい何処で落ち着くのだろうか?

とりあえずいろいろテストしてみよう。P1000122 今回のオーストラリアのドリームワールドのレポを少し書こう。まずはお約束のコアラ、コアラは寝てるときでも木から落ちないんだよ。受験生のお守りになるんだってさ!

写真は羊の毛刈りショー、モサモサあった毛があっと言う間にきれいに刈られました。羊もおとなしく気持ちよさそうにしてました。羊って人間と一緒でたまに毛を切ってあげないと、どんどんのびてくるらしい。そういえば去年だったかニュージーランドで毛むくじゃらの小汚い羊が発見されたのを思い出したw。たしか毛を刈った時の毛の重さがギネス級だったはず。ドリームワールドは半分動物園で半分遊園地、なかでも絶叫マシーンは5種類もあるのさ。もちろんtakeちゃんは全部乗ってきたよ!最恐だったぜ~!!(涙、どきどき、心臓バクバクだったw)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »