« レンタカーを走らせてパート1 | トップページ | レンタカーを走らせてパート3 »

レンタカーを走らせてパート2

レンタカーを借りて2日目は「ジェイクス・コーヒー」というコーヒー農園へ行った。

ここのオーナーはオーストラリアでも上質なコーヒーを栽培したいと情熱を注いできて大農園となり、今ではカフェやレストランでも大人気なんだとか。

お勧めのコーヒーを頂いた、酸味があってコクがある。takeちゃんの好みだ。

P1000240 ふとこんな乗物を発見!めずらしそうに見てたら、体格のいいおじ様が近づいてきて話しかけてきた。

おじ様「乗ってみるかい?」

takeちゃん「冗談でしょ?怖いよ、それに安全なのかい?」

おじ様「大丈夫だ!俺はパイロットでカミさんや息子もパイロットなんだぜ!」

おじ様はこのコーヒー農園のオーナーだった。そしてこの乗物はマイクロライトというらしい。20分のフライトで80ドルなんだって。

こんな乗物はまず乗れないだろう、ゴールドコーストでうんざりするほど絶叫マシーンに乗ったtakeちゃんに怖いものはもう何もなかった。

P1000242 ヘルメットを被るとオーナーと話ができるようになっている。オーナーは計器の説明をしてくれる、これが高度計だのGPSだのと。

こんな乗物でも管制塔に報告するんだね!「今から20分ジェイクス・コーヒー農園の周りを飛びます。」みたいなことを言ってました。

P1000244 そして滑走路を走りいよいよテイクオフ!飛びました、操縦はオーナーが両手でバーを握り風を感じ微妙に動かしてました。上空では風がもろにあたります、お茶目なオーナーは「急降下するぜ!いいかい?3秒後だ!」

「オーケー!」 「3・2・1・ゴー!」もうたまらんてwww^^

そして20分後無事着陸したtakeちゃん達を迎えてくれたのは鴨の家族達でした。

P1000248 偶然のお迎えにオーナーも「君はラッキーだよ!こんなことは初めてさ!何かいいことあるかもね!」と。

いやほんと楽しかった!今年は何かいいことあるといいな!www

|

« レンタカーを走らせてパート1 | トップページ | レンタカーを走らせてパート3 »

オーストラリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30257/558150

この記事へのトラックバック一覧です: レンタカーを走らせてパート2:

« レンタカーを走らせてパート1 | トップページ | レンタカーを走らせてパート3 »