« 行ってきます | トップページ | ラスベガス其の弐 »

ラスベガス其の壱

takeちゃんの‘06夏の研修旅行は14日(金)のAM5時から始まった。

今回はまずセントレアから成田までの移動だった。セントレアからは1度出国した事になるがグランドスタッフのねーさんに相談したところ、成田で再出国できるとのことで手続きをしてもらった。これで成田空港をうろちょろできるから時間潰しができる。

なにしろベガス出発までの時間はまだ6時間もあるからだ。空港の中をいろいろ調べてみるとマッサージのお店を発見。早速予約を入れる。

06071425begasumaui_001 午後14時に予約が取れたので成田でお昼を食べることにしました。

中華のお店に行ったのですがこれがtakeちゃんには相性があわなくてチト残念でした。

成田空港で感心したのはyahoo!のインターネットの施設が無料で使えることだった。結構な台数でほとんど時間潰しの人達でいっぱいでした。

takeちゃんもその1人だ。時間がきてマッサージをしてもらう。途中何度か寝てしまいそうになったw。なんだかんだで時間を潰し出国審査に行く事に、ここで頭にきたのは審査する人が3人しかいないということだった。一応、週末だぜ!テキトーに数えても100人以上はいるのに!受付の窓口は10人以上あるのに、なんで、3人なんだ!?おかげでここを通過するのに40分かかってしまった。まったく、ふざけた国だ!

062052_1 takeちゃんは出国手続きはいつも時間より早く済ますクセがついているので無事に済んだが、こういう事はもっと便宜を図ってもらいたいものだ。

やっとの事で無事、搭乗を済まし、ラスベガスへ飛んでいきました。

ラスベガス到着に近づいてくると飛行機の高度がだんだん下がってきてラスベガス周辺の景色を上空から見ることができました。そこから見る景色は周りには何もないところにポツンとある建物の集まり。そんな感じでした。

到着。入国審査だ、さすがアメリカ!審査員8人はいました。全然違うこのスムーズな速さ!左の指、右の指、目のチェックを終えて、アメリカ本土へ足を踏み入れました。

ラスベガス。06.07.14。なんて暑いとこなんだ!(ちなみに午前中で30℃)でもカラッとしてるのもあり、日本ほど苦しくないのはありがたかった。

アーリーチェックインをしてたので早めにホテル、「ベラッジオ」に到着。

ショーのチケットをピックアップし、飲物の買出しを済ませ、PM17時、「ベラッジオ」のバフェで早めのディナーを取ることに。(ここまでで24時間くらいかかってる)

06071425begasumaui_017 06071425begasumaui_019

06071425begasumaui_021 このホテルのバフェはベガスでも評判らしく正直、美味しかった。少しづつ取ってきてで3回くらいおかわりしました。

さすがにここまでの移動で疲れたせいか到着日のこの日はグッスリと寝てしまいました。。。

つづく

|

« 行ってきます | トップページ | ラスベガス其の弐 »

ラスベガス」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさい~~
満喫してきたみたいですね??うぅっ うらやましい!
レポ楽しみにしております♪

投稿: とりぃ | 2006年7月27日 (木) 20時20分

7月のベガスは気温が40度もあり、干乾びそうでしたw。
4日間はあっという間でしたよ。

とりちゃんも次回いかがですかね?^^

投稿: takeちゃん | 2006年7月28日 (金) 07時30分

むむっ 乾物にならないように気をつけつつもギャンブラーの血が騒ぐ!!(やるまえに何時も止められちゃうケド えへへ)

投稿: とりぃ | 2006年7月28日 (金) 23時31分

あまり関係のないおハナシで 申し訳ないのですが・・・
入国審査がスムース?!速い?!
場所によるのでしょうかねぇ・・・
ワタシ、そんな風に感じた事ないのです。
アメリカって なんでこんなにゆっくりなの?!って
この のんびり女王でさえ、思います

投稿: Audrey | 2006年8月 2日 (水) 00時51分

>Audreyさん

読み返して、あらっ!。すいません、日本の成田での出国審査が3人ほどだったのでマッカラン空港の入国審査が8人くらい、いたのでスムーズにという意味でした。。。

日本の出国審査!もっと人置かんかい!それが言いたかったのですwww。

投稿: takeちゃん | 2006年8月 2日 (水) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30257/2812017

この記事へのトラックバック一覧です: ラスベガス其の壱:

« 行ってきます | トップページ | ラスベガス其の弐 »