« ラスベガス其の五 | トップページ | ラスベガス其の七 »

ラスベガス其の六

鬼嫁は「アウトレット・ウォールマーケットツアー」というのに申し込んでおり、この日AM9時出かけた。

06071425begasumaui_039 時間に余裕があったのでガイドさんはホテル「ミラージュ」の中にある無料で見れる、「ホワイトタイガー」とこちらは夜からの有料「ビートルズのショー」を案内してくれた。

残念ながらホワイトタイガーはまだ寝てたらしく見る事ができなかった。

06071425begasumaui_110 06071425begasumaui_101

06071425begasumaui_104 06071425begasumaui_106 ここは入口でショーを見にきた人達の写真撮影のスポットでかなり混むと言う、ガイドさんは5人目のビートルズになったらw?と言うのでビートルズ好きのtakeちゃんはすっかりその気になってしまい、思わずパシャリ。ボードの色が変化してきれいでしょw。

「ラスベガス・プレミアム・アウトレット」に到着前にガイドさんからラスベガスではブランドの「コーチ」は日本で買うよりかなり安く購入できるとのこと、その為ここでは「コーチ渋滞」というのが発生するらしい。そう、レジが並ぶのだ。冗談じゃない、鬼嫁に何か買う気があるなら最初にここに行け!と指令をだし、「コーチ」へ行く。既に渋滞が始まっていましたがそんなに待つこともなく「コーチ」をあとにしました。takeちゃんは「リーバイス」でジーパンを2本$40を買ってもらった。

06071425begasumaui_103 この日の気温は45℃!!!日陰を歩いててもかなりツライ。涼を求めて早めのランチをすることにした。

ガイドさんのお勧めは日本食レストラン「マキノ」だった。(ちなみにtakeちゃんは今まで海外では日本食レストランには行ったことがない。)

暑さで歩くのがイヤだったのでどこでもよかったのだ。ここはお寿司とシーフード・のバフェだ、他にエビフライ、天ぷら、すき焼き、チャーハン、あさりの酒蒸し、かき揚げうどん、その他いろいろある。以外に品数は多かった。しかも驚いたことに味もなかなかイケル!いや、今迄のラスベガスで食べたどこよりも美味しかったと言ってもいいくらいだ。(日本人にあわせた味付けだった)

06071425begasumaui_094 あさりの酒蒸しがあったのでtakeちゃんはそれを椀に入れ、味噌スープを注いだ、「なんちゃってあさりの味噌汁」の完成だ。

鬼嫁があきれた目で見てる・・・?たぶん気のせいでしょう。

我ながらなかなかのデキだった。バドワイザーを2本飲んで2人で$40でした。満足満足のランチを終えて待機してる車に乗り込み「ラスベガス・プレミアム・アウトレット」をあとにしました。

「ウォールマーケット」では寝袋$20(お店で寝る為)、リュック$20(バイクでツーリングとかの為)などを買ってもらった。どちらも日本で買うよりお値打ちだった。

これでこのツアーは終わり、宿泊してる「ベラッジオ」に到着したのはPM15時30分でした。このあとは暑さと歩き疲れてお昼寝をしたのは言うまでもありませんねw・・・・・。

つづく

|

« ラスベガス其の五 | トップページ | ラスベガス其の七 »

ラスベガス」カテゴリの記事

コメント

45℃ですかぁ・・・それはたまりませんね。
確かにどこでもイイから・・・ってお気持ちわかります。
私も海外『旅行』したら、日本食レストランは入らなかったです。
でも海外『生活』を余儀なくされた今では、日本食という看板を見ると心がときめきます。

ホワイトタイガー すっごく気になります

5人目のビートルズ ステキですねぇ^^
バックもホントきれいですね。

そうそう、アメリカではさすがに‘コーチ’安いです。
お嫁さんも お気に入りGetできたんですね。
やっぱり女の人はアウトレットとかっていうコトバに
ヨワイものです^^

それにしても 鬼嫁ってぇ~

投稿: Audrey | 2006年8月 3日 (木) 04時35分

ハロー お寿司 見た目眼も良いじゃない。日本人が、ちゃんと料理してるんじゃない?旅行の楽しみは食べることも重要だよね。所で月曜日は点滴を打ったのに今尿検査で合格。ただちょっと蛋白がでてるんだって、一歩前進、2週間分の薬を貰って一安心。御心配掛けました。ジョンレノン

投稿: ばってん | 2006年8月 3日 (木) 17時29分

>Audreyさん
ラスベガスの日中は外を歩くものではありませんw!
干物になるのかと思いましたよw。。。

ホワイトタイガーはオーストラリアのドリーム・ワールドにもいましたよ。このブログの1月のどこかにアップしてあるはずです。

鬼嫁はこのブログでもHNとして登場してきますw。
鬼嫁の買物ではいつも荷物持ちとして拉致されているのです・・・

>ばってんさん
お寿司はアボカドを使ったものが結構いけましたw。
そうなんです、スタッフの人は日本人が多かったですね。

日本人が好きそうな味付けでした。

一歩前進しましたか!?よかった、よかった。^^

伊蔵君も心配してましたよ。

投稿: takeちゃん | 2006年8月 3日 (木) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30257/2908511

この記事へのトラックバック一覧です: ラスベガス其の六:

« ラスベガス其の五 | トップページ | ラスベガス其の七 »