« 「流星号とロングツーリーング」其の二 | トップページ | 「流星号とロングツーリング」其の四 »

「流星号とロングツーリング」其の三

「・・・・・兄ちゃん、、、兄ちゃん、、、」 んっ!?。うぉっ!慌てて飛び起きた。

目の前には作業着を着たおじさんがいた。寝そべってる間に居眠りしてたようだ。

お「大丈夫かい?こんな所で寝てたら危ないよ。」

T「ええ、うっかり居眠りしてしまってたみたいです、声をかけてくれてありがとうございます。」

お「兄ちゃん、もしかしてこのバイクでここまで来たのかね?」

T「はい、名古屋から国道を走ってきました。」

お「そりゃぁご苦労なことだ!疲れただろう?」

・・・・・このおじさんはどうやらtakeちゃんに興味をもったらしく、しばらく話は続いた。

おじさんはフェリー乗場で働いている人だった。takeちゃんがウッカリ横になってたワケとかを話をしてた。

高松行きの次回の便は20時発~23時40分着。その次が0時30分発~4時10分着。

高松へ行くならここ「三宮」ではまだ5時間以上も時間があった。

おじさんは初めて神戸に来たのだから震災から復興した神戸の街をバイクで散歩してくるといいだろう。とアドバイスをしてくれた。

takeちゃんはおじさんの言うとおり流星号を街へと走らせた。

0610_039 0610_032

0610_037_1 フェリー乗場から「メリケンパーク」まではお隣さんだ。公園内にはバイクは乗り入れできないので近くに止めて歩く事となる。公園内では平日の午後16時近かったがポツポツと人がいました。犬、猫を散歩させている人。ベンチに座りながら海を見るカップル。ベンチで寝ころぶサボリーマン。

0610_038 0610_033

オリエンタルホテル、神戸ポートタワー。初めて神戸に来たtakeちゃんはこの街がとても震災にあったとは思えなかった。人間てどんな事があってもやり直せるんだなぁ~と心から思いました。

堤防に行くと釣りをしてるおじさまがいました。

0610_035 釣果を拝見すると、なんと!バケツにいっぱいあるではないか!

T「こんにちは、よく釣れてますね?」

お「おお~、入れ食いだよ~~、餌付け替えなくても釣れるでよ~ほれほれ!」

0610_034 0610_036

話してる間に次から次へと釣り上げていくおじさま!!!

T[すげぇ~ホント入れ食いですね!これはカタクチ鰯ですか?」

お「おっ!兄ちゃんよく知ってるね~!?こいつを一日干しておくと美味いんだよ~。軽く炙ると最高やで~」

T「美味そうですね~」 お「兄ちゃん、こっちの人間やないやろ?どっから来たん?」

T「名古屋からバイクで来ました」 お「名古屋はええところやないか~、ワシも昔はよく行ったで~」・・・などと、ここでもスッカリ話相手になってもらい「メリケンパーク」を後にした。

ここでエネオスさんで給油 1.85ℓ 283円

その後神戸の街を流星号でお散歩。地元のスーパーや商店街などを歩いた。

観光スポットに行くにはもう日が暮れてしまいそうだったので知らない街の夜の運転に危険を感じ、まずは今夜の宿を探す事にした。

三宮の繁華街に天然温泉とスパ&カプセルホテルが4500円くらいであったんだけど

ホテル1・2・3神戸という所が朝食付き5140円を発見。カプセルより広いベッドがいいだろうと思いここに決めた。やはり平日は部屋が空いていた。0610_050 0610_051 0610_052

今夜はここがtakeちゃんのアジトだ。

バスルームで顔を洗った。鏡には今日のツーリングでサングラスをしてて日焼けした「逆パンダのtakeちゃん」が映っていた。

つづく

|

« 「流星号とロングツーリーング」其の二 | トップページ | 「流星号とロングツーリング」其の四 »

カブでお散歩」カテゴリの記事

コメント

いいねーtakeちゃん。このゆったりとした流れ。
流星号でトロトロと国道を走って、寝そべって心配して起こしてくれたおじさん&釣りのおじさんと喋って・・・。
地元の人と何気なく交わす言葉って、すごくいいよね~。
私もどっか行きたくなった!

投稿: ね | 2006年10月16日 (月) 10時29分

>ねさん
高速道路、自動車専用道路を走れないのですが、逆に街の風景を楽しむ事ができてよかったですw。

移動の時間はかかりますが・・・^^。

これからは紅葉もいいですよ!行かれてみてはいかが?

投稿: takeちゃん | 2006年10月16日 (月) 18時34分

なんだか マンガみたいですねぇ^^
居眠りしてるところを 知らない人におこされて
仲良くお話して・・・
う~ん 日本もすてたものじゃないですね。
なんか いい旅してますね!

投稿: Audrey | 2006年10月17日 (火) 12時35分

>Audreyさん
そうなんですよwマンガみたいですねw^^。

フェリー乗場の作業員のおじさんも釣りをしてたおじさんも親切に接してくれました。

結局観光らしいとこにはほとんど行けなかったので機会があればまた神戸に行きたいと思います。

投稿: takeちゃん | 2006年10月19日 (木) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30257/3815176

この記事へのトラックバック一覧です: 「流星号とロングツーリング」其の三:

« 「流星号とロングツーリーング」其の二 | トップページ | 「流星号とロングツーリング」其の四 »