« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

06・11・25 ツーリング 飛騨高山方面 其の二

06112526_028 「道の駅・荘川」には桜花の湯という天然温泉があります。ここの温泉には過去4回ほど来たことがあります。サウナがないのが残念なのですが

お湯はホントいいです。タオルも貸してくれます。こちらに来られたときいかがですか?お勧めしますよ~。

野菜売場を見てたら伊蔵君から電話がかかってきました。彼達は今回の集合場所である

里山茶屋「むろや」さんに到着したとのことでした。takeちゃんも現地に向かうことに。

AM10時40分 途中やっとガソリンスタンドを発見、補給する。

店員のおねえさん「レギュラー満タンですか?」

take「ハイオク満タンで」

店員のおねえさん「ハイオクですか!?」

take「なにか?問題でも?」

店員のおねえさん「いえ、なにも・・・」

こういう光景にはすっかり慣れている。しかし最近ではこういう会話が面倒なのでなるべくセルフのガソリンスタンドに行くようにしているのですが今回はしかたがない。

ハイオク 2・27ℓ \345

補給を終えて10分ほど走っていく、カーブを曲がる、お店が見えてきました、と同時に不審な3人の男達がカメラを構えていましたw。あきらかに見覚えがあるw!伊蔵君、アキラ氏、たいがぁ部長だったw。

待ってましたの空気を読んでw走行しながら(もちろんスピードを落として)ポーズをとるtakeちゃん。

06112526_029 AM11時 里山茶屋「むろや」さんに到着しました。予定通り4時間でしたね。仲間達との再会を喜びながら、しばし話をしてたらお店の方が店内に入ってくださいとのこと。心遣いに感謝しお店にお邪魔することに。

座敷に座る。我々が本日1番目のお客さんだ。が次々にお客さんが入ってくる。takeちゃんはこのお店には過去に6回ほどお邪魔したことがあります。

「むろや」さんは蕎麦屋さんです。蕎麦の友は天ぷらというのが定番ですね。

しかし「むろや」さんは違います。蕎麦の友はカツなのです!

えええ~っ!!!と思う方が多いかと思いますがマジでカツ!なのです。

06112526_030 ロースカツ、ヒレカツが蕎麦とセットでメニューに書いてありますね。

takeちゃんはここに初めて来たとき、ロースカツを食べてもの凄い感動しました。それ以来ここ以外ではロースカツを食べたことがないのです。

今回は仲間達にここのロースカツを食べてほしかったのでした。

takeちゃん、伊蔵君、アキラ氏は「温蕎麦とヒレカツのセット」。たいがぁ部長は「ざる蕎麦とヒレカツのセット」を注文。単品でロースカツを2つ注文しました。

揚げたてのカツにビールはtakeちゃんにはハズセナイ、セットですがここはガマンだ。

06112526_032 注文してほどなく提供されたのは飛騨地方の「香物」、郷土料理である「どぶ汁」、「煮物」だ。

「香物」は赤かぶ、白菜、きゃらぶき。「どぶ汁」は豆腐と豆乳とダシを合わせた物、例えるなら茶碗蒸しをダシ多目で撹拌した物といったとこですね。「煮物」は蓮根、牛蒡、蒟蒻だ。takeちゃんはこういうおつまみが大好きなのです。お腹にやさしいし、どれもビールにピッタリじゃないですかw!?玉蘭~^^

06112526_033 そして登場「ロースカツ」だ!お店の方はソースと味噌タレを提供してくれます。

takeちゃんのこだわりなのですが最初は、カツに卓上にある塩なのです。(お肉に塩を付けます)

06112526_034 次にソース。味噌タレ。そして塩と辛子、味噌タレと辛子、ソースと辛子。いろんなバージョンを楽しみます。

衣はサクサク。お肉はジューシィー。何回食べても感動です。あぁ幸せ~。

06112526_035 06112526_036

続いて「温蕎麦とヒレカツのセット」が提供されました。

まずは温蕎麦からいただく。このダシは完飲できるほどのお味です。蕎麦の上には少量の葱が。ダシを壊さない程度トッピングしてありました。いい感じだ。あっと言う間に蕎麦をいただく。途中の一味の投入がさらに引き締まり味を引き立ててくれました。そして「ヒレカツ」だ。

「ロースカツ」との違いが楽しみだ。それはヒレならではの柔らかく優しい持ち味がサクサクの衣で包まれて見事な作品になってました。まさにアンビリーバボーです。これも上記と同じ食べ方で食すw。

ああっ!ここに来て良かった!仲間達もおそらく喜んでくれたと思います。

食事をしながらこの先の予定を決めることに、宿泊先の下呂の宿はPM15時がチェックインです。当初はここから下呂へ行く予定でしたがまだまだ時間がある。

結果我々は翌日行く予定だった高山へ行く事になりました。

里山茶屋「むろや」さんでお世話になったtakeちゃん達(満腹、満腹w)は次の目的地高山に移動する事にしました。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

06・11・25 ツーリング 飛騨高山方面 其の壱

06・11・24までのお話。

10月のとある日、伊蔵君、アキラ氏がtakeちゃんのお店に来てたときの事、11月中に紅葉&温泉&満腹ツアーにでも行こうじゃないか。という話になった。

takeちゃんは年に数回は仲間達でお出かけしたりすることがあります。(御飯を食べに行ったり、飲みに行ったり)前回は6月に日間賀島へ行く話があったのですが都合が悪く参加できなかったのでした。

今回はそのときのメンバーを誘って行く事に。日程は25(土)~26(日)に決定。

たいがぁ部長は参加。草加氏は残念ながら不参加となってしまったのでした。

11月下旬だというのに晴れていれば日中はそんなに寒くないのでtakeちゃんは

愛車「流星号」で行くことにしました。出発前日までにバイクのオイル交換、チェーンの調整等をし、グローブは防水、防寒使用を購入しました。これで準備はオーケー。

takeちゃん以外はアキラ氏の車で伊蔵君、たいがぁ部長での移動になりました。

天気予報によると行先の飛騨高山方面は晴れらしい。晴れてくれる事を祈りながら眠りにつきました。

06.11.25(土)晴れ

AM6時30分起床。東の空から朝日が見えてきた。やはり晴れ男のtakeちゃんw。

06112526_002 とは言ってもこの時間はチト寒く、吐息が白いのがはっきりと分かる。

メーターは11237km。エンジンをかけ自宅を出発。今回、仲間達と待ち合わせするのは岐阜県荘川にある、里山茶屋「むろや」さんでAM11時頃くらいとなっていました。

ここにはいつも車で行ってるのですがバイクで行くのは初めてです。高速道路は走れないので国道オンリーです。

前回(10月の神戸)のツーリングでは計画不足だったので、今回はしっかり準備することができました。

荘川までおそらく4時間くらいを予想して自宅からR22を岐阜方面へ。

早朝のおかげか交通量も少なく快適にブロロロロ~と走って行きます。

AM7時30分 R156に入り岐阜市日野南でガソリン補給します。

 ハイオク満タン 2・43ℓ。\335

ここらに来ると急に寒くなってきました。Gパンの上に防寒着を、靴下をもう一枚重ねて履きました。これから山越えだからね。

郡上まで50kmの標識が見えていました。寒さのおかげですっかり目が覚めていたので

ここから距離を稼ぐ事に。AM8時10分。06112526_004 美濃市に入ったところで今回初めて伊蔵君にメールを送る。メッセージはこうだw。

takeちゃん「今、美濃市。寒いよ~」(涙)ここらで3℃ですw

AM8時36分。伊蔵君からの返事 がきました。「岩倉で合流完了(メンバー達と)!向かいます」との事だ。

彼達は東海北陸自動車道路で来る!。takeちゃんは彼達より早く出たつもりでいたが、追いつかれるのが分かってきた。

takeちゃんが走るR156はありがたい事に道は空いている、流星号はひたすら山を越えて行くのであった。

06112526_011 「道の駅・美並」で休憩。ここは日本の真ん中になりますね。

06112526_010 06112526_009

地元で採れる野菜がたくさん置いてあります。めずらしくエゴマの葉がありました。買っておけばよかったと後悔する。

06112526_008 NHKの大河ドラマ「功名が辻」についてなにやら書いてあります。

クリックするとよく読むことができます、たぶんw。

郡上の街中まではもう少し、ブロロロロ~。

06112526_012 ここまで来ると金山を越えて下呂にも行けます。

06112526_013 郡上では食料品のサンプルを作ることで有名です。

ちなみに気温は3℃。さむーいw。

06112526_015 景色がよかったのでパシャリ。おっと急がねば!

ここから30分ほど時速平均60~70kmで走っていきました。

06112526_016AM9時30分 白鳥です、やっと標識に荘川が表示されて少し安心。

ケータイを見ると伊蔵君から着信があったので掛ける。

彼達も順調に移動してるみたいだった。takeちゃんは11時前には荘川へ到着することを伝える。彼達も同じくらいに到着しそうだという。いつもお店で会っているのですがやはりこういうカタチで会うのも楽しみだw^^。

06112526_019 06112526_017 06112526_018 偶然止まったところに弁慶交通安全神社があったのでみんなの交通安全を祈願して荘川へ流星号を走らせていく。

山を次々と越えて行きます。

標高が高くなっていくたびに気温は下がっていく。

2℃か3℃の表示ですがもうどうでもいいですw。

顔にマスクを装着してもまだ寒い!ヒェ~(泣)

06112526_022_1 ダイナランドスキー場まで3kmですよ~。

ここまで3時間ほどですね、予定より早いんじゃないか!?

しかしこのR156、白鳥からガソリンスタンドが1件もないのです!

06112526_023 06112526_024 06112526_025ガソリンメーターは半分を切っていたので 少し不安になるのであった。

ひるがの高原に到着。ここにはクルミとか

つくね芋とかがありました。

牛乳の試飲をいただきました。コクがあって美味しいです。

さて荘川まであと少しだ。ここが最後の休憩とし、流星号を走らせる。

AM10時30分「道の駅・桜の郷・荘川」へ到着。

06112526_026 ここまで3時間30分くらい、予定より30分早く着きました。

ここまでの道中は寒いことを除けば何のトラブルもなく来れたのでひとまず安心。

伊蔵君達は今頃どこなのかなぁ?と思いつつ道の駅の野菜売り場をうろつくtakeちゃんであった。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坦々麺を食す

takeちゃんは「坦々麺」とはあまり相性が良くないのか、今まで数件のお店で食べてきた中で(そんなに食べてないのですがw)また食べに来ようと思ったお店はありません。

しかし今回、ある情報により「坦々麺」の美味しいお店があると知り、地雷を踏むつもりで訪問する事にしました。

お店は中川区野田にある野田小学校のそばにある「錦城」さんです。流星号でブロロロロ~と走って行きました。

よく考えたらここら辺はtakeちゃんが1年の1学期だけ通った高校のそばでしたw。

懐かしい~。あの頃は回りは田んぼだらけだったのに今ではすっかり街になってましたw。

お店から20分後迷う事なくお店に到着。なんでもここの店主は「陳建民」さんの弟子だそうです。

すこし期待するtakeちゃんw。お店に入ると13時すぎなのにお客さんでいっぱいでした。

案内されて座敷に着席しました。B0017512_2543267

「坦々麺」だけにしようかと思いましたが地雷を踏んだ場合の事を考えてランチメニューの「半坦々麺セット」をオーダーしました。

B0017512_23162977 これだったらオカズ2品付くので「坦々麺」で地雷を踏んでもまだ助かりますw。

ここで驚いたのは御飯が御櫃で運ばれてきます。

お茶碗3杯分くらいは入ってます。 全部食べろっ!てか?

さて今回の目的である「坦々麺」ですがズバリ!美味しかったです。やっとtakeちゃんの

好みに出会う事ができました。^^あまりの美味さに「半坦々麺」はすぐなくなりました。

が、このお店オカズもいい味なのです、御飯が進みますw。食べ物を粗末にできないtakeちゃんは御櫃の御飯も全部食べてしまいましたw。満腹ですw。

ランチメニューには「マーボートーフセット」「海老チリセット」とかあったので機会があれば

また訪問してみたいですね。自分の好みの味のお店と出会えるのは嬉しいですよね。

このお店は支店が中区にもあるのでそちらも機会があれば訪問したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんちゃって♪キューリのキューちゃん

以前ミクシィにも書いたのですがここでも紹介したいと思います。

★キューリ     7本

★酒、みりん、50cc、醤油、100cc、酢、25cc、顆粒の昆布だし、小さじ1をあらかじめ

鍋に入れておきます。(この分量は日本の一般のサイズのキューリ7本分です)

_121_2 ★沸騰したお湯にキューリを入れます。コンロから鍋をおろし自然に冷めるのを待ちます。1時間~2時間くらいかな。

★冷めたらキューリを5m幅に切ります、_119_2 ここでは5mが一番ベストです。

★次はカットしたキューリの水分を取ります。

両手でそのまま搾ってもいいのですが清潔な布で搾った方が力も入り水分がよく搾れるのでできればこちらでね。

_123_3 ★水分をとったキューリはこんな感じになります。

★合わせておいた調味料を鍋で温めます、この時、調味料の中にお酒とみりんが入っているので火加減は中火がよいでしょう。

★あつあつの調味料を搾ったキューリにかけ回します。自然に冷めるのを待ちます。

たまにキューリを菜箸で全体的に混ぜます。だいたい20分~30分くらいで冷めるはず。ここで1回目。

★冷めたらザルとボウルを用意して調味料とキューリを分けます。

この調味料を再び鍋に入れて温めます。

★温まったらまたキューリにかけ回します。1回目同様です。ここで2回目。

★ここで人参半分をマッチ棒くらいに切ります。

★2回目の工程が終わり3回目の時に人参を投入します、これは3回目に人参を投入する事によって人参の食感を楽しむためです。

_124_2 ★お好みで生姜を親指くらい入れてもいいですね。

★3回目で完全に冷めたらタッパー等に入れて半日~一晩、冷蔵庫で寝かします、ここでもたまに材料をかき回して味を均等に漬けるといいでしょう。

・・・・・で完成です。お疲れ様でしたw。

完成するまで4時間ほどかかりますがそれなりの味になりますよw。

保存料が入ってないので日持ちはしませんが、時期にもよりますが水分を搾る工程がしっかりできてたら2週間くらいはOKだと思います。(自己責任でお願いします)

子供さんが食べても安心ですね、大人だったら食べる時に一味、七味など入れてもいいでしょう。夏場の暑い時にゴハンにコレを乗せて冷たい麦茶でお茶漬けは最高ですよw。

LAに住んでる「LAの姉さん」、オハイオ州に住んでる「Audreyさん」調味料が揃えばそちらでも作れます。チャレンジしてみてはいかがですかw?^^

takeちゃんの「なんちゃって♪キューリのキューちゃん」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ALOHA」のナンバー

_159 先日、今夏マウイ島に行ったときに買った、流星号のお土産をお店の片隅で発見。

買ったときは7月、毎日の暑さがtakeちゃんをグータラにし、装着するのをすっかり忘れていました。

で、やっと装着する事ができました。

このおかげで風の抵抗が少なくなり前カゴの荷物が安定しました。

ハワイでは車のナンバーに虹が描かれています。ハワイの象徴ですねw。

060111_121210 ちなみにオーストラリア、ゴールドコーストで知ったのですがナンバーに自分の好きな文字とかデザインとか作れたりします。(有料ですが一度登録したらいつまでも使えるそうです)

こんなんニポンではありえないだろうなぁ~。

ま、とにかくやっと流星号に装着できて気分はハワイなtakeちゃんなのさw^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休前の仕込みは鶏ハムです

連休があると必ず作る物がある、_037_1 それは「鶏ハム」である。

これは某サイトの中で「鶏の胸肉を美味しく食べる調理方」というコーナーで取上げられた物です。

これは誰が作ってもそんなに失敗しないのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まず、お肉の皮を取ります。砂糖(蜂蜜、グラニュー糖、なんでもいいです)をお肉に

擦り込みます。そして塩、あらびき塩コショー、ハーブ塩、(これもなんでもいいです。何種類かけてもいいいです。お好みで)

_038_1 _039

密封できる袋に入れて2日ほど冷蔵庫で寝かします。

_040 皮はいろいろ使えますね。

_041 3日目に沸騰したお湯の中へ寝かしたお肉を投入します。

投入したら鍋をコンロからおろし蓋をしてそのまま自然に冷めるまで置いておきます。(5時間くらいかなぁ)

冷めたらお肉を取り出して水気を取って保存してください。

残った汁は捨てないでくださいね。鶏のダシがでてるのでこれをスープとかに使えますよ。

できあがりはオソラク、ふつーのハムと一緒かと思われますw。

チャレンジしてみてはいかがですかw?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »