« 06・11・25 ツーリング 飛騨高山方面 其の六 | トップページ | 06・11・25 ツーリング 飛騨高山方面 其の八 »

06・11・25 ツーリング 飛騨高山方面 其の七

満腹になった我々は帰りも下呂の街を歩いていくことにした。

06112526_065 橋を渡るとこで人らしき?いや、チャップリンの銅像を発見w。こういうのがあるとお約束の行動をする愉快な仲間達だw。左から翌日の競馬の予想に頭を抱える、たいがぁ部長氏06112526_066 、真ん中にはまるで生霊のようなw、アキラ氏、そしてブログネタ収集に忙しいw、伊蔵君だw。

夜の下呂の風景も情緒があっていいものでした。やはり自分の足で街を歩くのはいいなぁ。

06112526_067 途中酒屋さんでビール、チューハイ、おつまみ、などを購入する。

こんどこそ風呂あがりのビールを楽しむためだw。

我々は宿に着くと浴場へと向かう。内風呂、露天風呂とそれぞれ楽しみながら部屋へ戻る。

2次会の始まりだw。ここでアキラ氏が解禁したばかりのボジョレー・ヌーボーを差し入れしてくれた。takeちゃんも今年初めてだったのでアキラ氏のこの差し入れはとても嬉しかった。ありがとうアキラ氏。

こうしてワイン、ビール、チューハイ等を飲みながら今回の食いしんぼうツアーの思い出や

明日の予定などを話をダラダラしていくうちに時間は過ぎていく。するとアキラ氏がかすかなイビキをしだした。彼も今日は運転で疲れていたのであろう。お疲れさま、おやすみアキラ氏。

そして次に伊蔵君がイビキをしだした。彼もこの時期は仕事が忙しく、この週は帰宅も遅かったという。趣味である彼のブログ作成は深夜に行っていたということだった。

お疲れさま、おやすみ伊蔵君。

さて今回のツアーは自分で言うのもなんですが一番過酷な移動をしてきたのはtakeちゃんであるw。(自業自得なのですがw)

早朝からバイクでの荘川への移動~高山での散策~下呂への移動~お店への往復の移動。

疲れてるはずなのですが、なかなか寝つけないのです。

その頃、たいがぁ部長氏は布団で横になりながら翌日の競馬の予想をしてました。

彼はみんなが寝てから寝るとのことでした。takeちゃんは目を閉じて今日の出来事を思い出してるうちに眠りについたのでありました。

・・・・・目が覚める。時計を見るとAM3時頃。そこはスゴイ!イビキのコンサート会場になってました。アキラ氏、伊蔵君、たいがぁ部長氏の見事なハーモニーだ!!!

この状況ではとても寝れやしない!こんなんじゃ寝れねぇよ!!!

「くっそう!もっと酒があればっ!ムリヤリ寝ることができたのにっ!」

酒はもうなかった。想定外の出来事だった。takeちゃんの1日はとても長く感じた。

つづく

|

« 06・11・25 ツーリング 飛騨高山方面 其の六 | トップページ | 06・11・25 ツーリング 飛騨高山方面 其の八 »

カブでお散歩」カテゴリの記事

コメント

どうも、初めましてw
細菌ことヤツメウナギでございます。

下呂~飛騨高山・・・、自分も是非行ってみたいところであります。鉄ヲタなので列車での旅となりますが、高山へのアクセスとなる高山本線も全国で有数の絶景路線であります。

現在は、この間の台風23号の影響で一部区間で運休が発生しておりますが、絶景路線ならではの災害というかいち早い復旧を自分も願っていたり…。

それにしても、伊蔵さんが予想以上にカッコいいのに驚いたりw今度のOFFも楽しみですww

投稿: ヤツメウナギ | 2006年12月13日 (水) 00時45分

>ヤツメウナギさん

いらっしゃいませw。ようこそ暇ブログへwww^^

今回は食いしんぼうツアーと紅葉がテーマだったのですが高山の紅葉は見事でした。自分はバイクだったけど、この時期は

鉄道から眺める景色も良かったのではないでしょうか。

今回は伊蔵君のギリギリショットをアップしました。

ちなみに伊蔵君のブログには自分が後姿で登場してますw。

みんなナイスな仲間達です、機会があれば是非集まりたいですねw。^^

これからも暇ブログ「takeちゃんの浪漫☆飛行」お暇なときにどうぞw

投稿: takeちゃん | 2006年12月13日 (水) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30257/4523231

この記事へのトラックバック一覧です: 06・11・25 ツーリング 飛騨高山方面 其の七:

« 06・11・25 ツーリング 飛騨高山方面 其の六 | トップページ | 06・11・25 ツーリング 飛騨高山方面 其の八 »