« 06・11・25 ツーリング 飛騨高山方面 其の八 | トップページ | 06・11・25 ツーリング 飛騨高山方面 其の十 »

06・11・25 ツーリング 飛騨高山方面 其の九

宿を出る前に「腹が減った~」とみんなの声。以前takeちゃんがお邪魔したお店のことを話すと、みんなそのお店に興味をもったみたいでとりあえず移動することに。

たしかAM10時から営業してたような気がする、不安だったwが、お店に着くと暖簾がでてたので少し安心。

念の為お店へ確認をとってみると営業されてるとのことだった。我々はお店の座敷に腰をおろした。

このお店は看板の片側には「そば」と表示してあり、もう片側には「ホルモン」と表示してあります。「どういうこと!なんだ!?」と不思議に思い、勇気をだしてお邪魔したのが過去に1度あったのでした。

夜の営業は早い時間に閉店してしまう為、なかなか再度お邪魔することができなかったのでした。

その当時、お邪魔して分かったのはAM10時頃なのに店内は地元の人達で賑わっている、しかもほとんどの人が鉄板でホルモンを食べてました。

安心してtakeちゃんもホルモンを美味しくいただいたのでしたw。

結局このお店は「そば」と「ホルモン」両方いただけるお店だったのです。

そんなお店は名古屋にはないですよねw?みんなも半信半疑だったと思いますwww。

お店はおばあちゃん1人で我々をもてなしてくれました。おばあちゃんのお薦めのホルモンを鉄板で焼く、御飯、御味噌汁、漬物がくる。そして〆にホルモンを少し残した状態で鉄板にうどんを投入する!

おばあちゃんのお薦めを次々とタイラげる我々w!「美味いっ!なんて美味いんだっ!」を連呼するw。もう箸が止まらないw状態だw!

遅めの朝御飯を見事に完食した我々はお店を後にし、下呂、萩原町へ向かう。

takeちゃんのお店の御用達のお肉屋「天狗」さん。ついでにここで仕入れをする。06112526_097

06112526_098 「ハム」と「飛騨牛ホルモン」。takeちゃんがここでなら市場の3分の1で買える。との話をすると、たいがぁ部長氏は飛騨「牛のホルモン」をお土産に、アキラ氏は「飛騨牛の刺身」をそれぞれ購入した。

しかもここのお肉は☆4~5のレベルばかり。いいお土産になったはずw。

06112526_080 駐車場へ戻ると、伊蔵君がtakeちゃんのバイクに興味をしめすw。

「takeさん!もうガマンできんっ!乗らせて!」とw。

彼は以前バイクを所有していたので久しぶりに血が騒いだのだろうw。

ここの広い敷地内なら安全そうだし、免許は必要ないが伊蔵君には安全の為、一応メットを着用してもらいtakeちゃんの「流星号」に乗ってもらう。

彼はバイクを熟知している、流石だ。スムーズに走らせてるw。久しぶりのバイクの運転に伊蔵君は嬉しそうであったw。。。

そして再び下呂へ戻り地元のスーパーへと移動する。

ここでは今回、我々が高山で「中華そば」を食べれなかった無念をはらすため、お土産に「中華そば」を買いにきたというワケだw。06112526_099

PM13時頃。それぞれお土産を購入して我々は帰路へと向かう事にした。

天気は少量の雨が降ったり止んだりだがバイクのtakeちゃんにとっては、この雨がツライ。本格的に雨が降る前に少しでも移動する必要があった。

R41をひたすら南下していくのであった。

つづく。

|

« 06・11・25 ツーリング 飛騨高山方面 其の八 | トップページ | 06・11・25 ツーリング 飛騨高山方面 其の十 »

カブでお散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30257/4547978

この記事へのトラックバック一覧です: 06・11・25 ツーリング 飛騨高山方面 其の九:

« 06・11・25 ツーリング 飛騨高山方面 其の八 | トップページ | 06・11・25 ツーリング 飛騨高山方面 其の十 »