« エアーズロックリゾート其の三 | トップページ | エアーズロック(ウルル)サンセット »

カタ・ジュタ国立公園~風の谷へ

15時30分に今回の目的である「カタ・ジュタ国立公園、展望台、風の谷ウォーク、ウルルサンセットツアー」のバスが迎えにきました。ガイドさんはキョウコさんという日本人の方。

彼女はまずツアー参加の人達に「1人1ℓ以上の水を持っていますか?」との確認をする。

ここで持っていない人はこの時点で買いにいかされてしまう。中には「自分は600mlのボトル1本で十分だから」と言う輩もいましたが、そんなのは通用しません。

これはこのツアーの規則で決まっているのです。規則を守れない人はツアーに参加できません。当然ツアー代も返金されません。規則は守りましょうね。

takeちゃんは帽子、サングラス、Tシャツ、短パン、靴下、スニーカー。そして背中にリュックというスタイル。リュックには2人分の2・4ℓのペットボトルが入っている。ほとんどの人はリュックをしてました。リゾートから20分ほど移動すると国立公園内の展望台へ着きます。「カタ・ジュタ」と「ウルル」をパシャリ。

07010515_057 07010515_056 ここから「カタ・ジュタ」へ移動します。ここで「カタ・ジュタ」について説明しよう。「カタ・ジュタ」とはアボリジニの言葉で「たくさんの頭」という意味。エアーズロックの西、総面積約35km2に渡って広がる、大小36個の岩から成る奇岩石がオルガ岩群(カタ・ジュタ)です。最も高い岩山は、エアーズロックを更に200mもしのぐ高さです。

「カタ・ジュタ」に移動するときには野生のラクダも見れましたよ。

07010515_065 だんだん近づいてきますよ~。ここは最後のトイレ休憩とサンセットを見るポイントですね。写真右から2番目の岩が最も高い岩山です。

バスを降りて「風の谷ウォーク」へ行きます。往復1時間のツアーです。この時点で17時にもかかわらず西日が強いです。そして乾燥してるので水分の補給は5分間隔で少しづつとのことでした。これらを怠ると熱中症、脱水症状になるとのこと。当然病院はこの公園にはありません。何かあったら大変です。この時点で気温は35℃以上ありました。takeちゃんもマメに水分補給をしてました。

07010515_068 こんなに近くまできましたw、「風の谷」までもう少しだ!

07010515_070 到着しました!ここがアニメ宮崎さんの「風の谷のナウシカ」の作品のモチーフになったという所です。

写真だけ見たらとても17時頃とは思えないよねw?

07010515_077 帰り道にはナントカ?トカゲも発見。ここエアーズロックのあたりにはいろんな植物があるとガイドさんが言ってました。

07010515_161 その中でこの植物は(名前は忘れましたw)葉がもの凄く硬いのです!一本一本が針金のような硬さなのです!触ってみたらイタかったですw。

こんなのが道にいっぱい生えています。

07010515_069 往復1時間のウォークを終えるとガイドさん達が冷たいおしぼりと麦茶を用意してくれてました。これには感激しました。1時間だったけど帽子には汗の跡がスゴイ!知らない間にだよ。ペットボトルのお水はほとんど飲んでいたので(しかもヌルイ)・・・。現地時間は夕方?の1時間のウォークとはいえ、真夏の陽射しは凄かったです。このツアーだけでtakeちゃんは首だけマックロに日焼けしてしまいましたw。

いやいや、首はノーマークだったなぁ~。。。そしてtakeちゃんはサンセットのエアーズロックへと移動するのであった。

 

|

« エアーズロックリゾート其の三 | トップページ | エアーズロック(ウルル)サンセット »

オーストラリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30257/5087916

この記事へのトラックバック一覧です: カタ・ジュタ国立公園~風の谷へ:

« エアーズロックリゾート其の三 | トップページ | エアーズロック(ウルル)サンセット »