« ラストデイ・其の壱 | トップページ | 帰国 »

ラストデイ・其の二

 ゴールドコーストでの滞在も最後となるこの日はQ1の敷地内にあるスパを17時に予約していたので向かう。

日本人スタッフがtakeちゃんの担当だったので安心だ。マッサージをする前にいろいろと説明をしてくれます。

使用される製品は、ほとんどがオーストラリアとその周辺の海から集められたオーガニック素材を原料とした、ここでしか使われていない「リディア」という特別なもの。古来の治癒法や薬草療法を取り入れて作られたこれらの製品から、個人の症状や体調に合ったものを選んでくれる。またアボリジニの技法を取り入れたコースもあり、心と体の両方を癒してくれる。との事。

その後フット・バスをしながらカウンセリング、前のゲストがトリートメントによって放出した悪いエネルギーを消す、アボリジニの儀式を基にした「スモーキング・セレモニー」をしてから本格的にマッサージが始まります。途中何度か眠りそうになったが1時間30分ほどで終了です。極楽、極楽だよw

そしてディナーは07010515_275 Q1から徒歩3分で着く中華のお店へ。このお店はいつもアウトサイドのテーブルが満席。人気
07010515_272_1 07010515_273_1 07010515_274_1がある証拠です。予約なしで行ったのですがラッキーな事に室内のテーブルが空いていたので着席することができました。ここでも日本語メニューがあったので安心してオーダーすることができました。お店が忙しそうだったのですぐに出てきそうな「ザーサイ」。

やはりすぐ出てきましたw。日本で食べる瓶の物とはぜんぜん違いますよ~。

塩辛くなく、あっさりしてます。ザクザクと噛んでいて気持ちのいい食感がよかったなぁ。

そして初挑戦の「鳩のバーベキュー」。見た目は鳩の頭付きなのでこういうのが苦手な方にはツライかもしれません。が食してみるとこれが美味いのなんの!手羽、むね肉、もも肉は弾力があり、噛めば噛むほどジューシィーな旨みを感じることができる。「鳩料理」機会があればまた挑戦してみたいですね。

最後は「鮑と中華野菜の炒め物」。中華野菜は青梗菜だけ、鮑はゴールドコーストで取れる物だけにサイズは大きい、量的には結構入っているかな。正直、感動はありません。

日本の鮑のスライスをチョコっと火で炙り、鮑の肝とバターと山葵を混ぜたのを醤油でいただくのがtakeちゃんは好きなのだ。

ゴールドコースト最後のディナーのヒットは「鳩のバーベキュー」これだね!^o^v

つづく

|

« ラストデイ・其の壱 | トップページ | 帰国 »

オーストラリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30257/5617824

この記事へのトラックバック一覧です: ラストデイ・其の二:

« ラストデイ・其の壱 | トップページ | 帰国 »