« `07 京都、大阪ツーリング 3 | トップページ | 其の参十 「キラウエア火山 溶岩流探検ツアー」 ボルケーノ・ハウス~ハワイの温泉 »

其の弐十九 「キラウエア火山 溶岩流探検ツアー」 サウスウェスト・リフト~サーストン・ラバチューブ

 ジャガー・ミュージアムを後にして車で次のポイントへ。

07071324oafuhawaii_188 「サウスウェスト・リフト」キラウエアではカルデラを中心として、南西に1本(サウスウェスト・リフト・ゾーン)、南東に1本(イースト・リフト・ゾーン)の亀裂が長く延びています。そのうちの一つ、サウスウェスト・リフト・ゾーンの一部を垣間見ることができるのが、このポイントなのです。

07071324oafuhawaii_187 この亀裂は海まで続いてます。「亀裂に中に入ってはいけない。」とKIMURAさん。

この先は急に深い穴があるそうで、調子に乗って歩いて行くおバカさんが年に数人深い穴に落ちてしまうそう。当然助けることができないのであの世行きです。

07071324oafuhawaii_189 君達気をつけたまえ。。。

07071324oafuhawaii_191 07071324oafuhawaii_193 ここから眺めるカルデラは最高に迫力があります。

07071324oafuhawaii_190 ところどころ硫黄が噴出してます。手を近づけるとやはりアツイ!

「地球は生きているんだなぁ。」と感じることができます。

さて次は「サーストン溶岩トンネル/サーストン・ラバチューブ」へ。07071324oafuhawaii_195

1959年、キラウエア・イキが噴火した時に形成されたラバ・チューブ(溶岩トンネル)です。

07071324oafuhawaii_194駐車場から少し歩いたところに溶岩トンネルがあります。おおよそ2~3分。木や草がわさわさと生えていてジャングルみたいな所を歩きます。

シダ植物や蔦が生い茂っているその薄暗い入口は、溶岩トンネルとしての貫禄も十分。

トンネルに入る前にここらに生息する生物の話しを聞く。

興味をそそられたのは「ハッピーフェイススパイダー」という蜘蛛。

蜘蛛の体に人の顔が笑ってるように見れることからこの名がついたそうです。体長かなり小さいので顕微鏡でしか見れないそうですw。ここらに居たとしても肉眼で見れない、、、残念。

07071324oafuhawaii_196

中に入るとライトが等間隔にあるものの、かなり暗いです。カメラのフラッシュも、ここでは光がなかなか届きません。
天井から水滴がポタポタと滴り落ちてきているので、水溜りがあちらこちらにあります。足元には注意だ。

07071324oafuhawaii_200 07071324oafuhawaii_201 このトンネルの中にはオーラが見える場所があるらしい。江原さんの番組でも紹介されたという。ラバチューブ内のある場所で手をじっと見ていると、ぼんやりとオーラが見えてくるという内容だとか。

KIMURAさんが「この辺だよ。」と場所を教えてもらったけどオーラなんて見れないw、ていうか見れたらオカシイでしょw?

トンネルの入り口から出口までは、歩いて約5~6分くらい。

なかなか興味をそそるとこでした。

つづく

|

« `07 京都、大阪ツーリング 3 | トップページ | 其の参十 「キラウエア火山 溶岩流探検ツアー」 ボルケーノ・ハウス~ハワイの温泉 »

ハワイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30257/8582715

この記事へのトラックバック一覧です: 其の弐十九 「キラウエア火山 溶岩流探検ツアー」 サウスウェスト・リフト~サーストン・ラバチューブ:

« `07 京都、大阪ツーリング 3 | トップページ | 其の参十 「キラウエア火山 溶岩流探検ツアー」 ボルケーノ・ハウス~ハワイの温泉 »