« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

08.01.11 .オーストラリア・パース 7 初パース、レンタカー。 

 さてパースの続きですよ~。12日(土)9時に目が覚めたtakeちゃん。

初パース初日は見事な晴れ。こちらは『夏』真っ盛りです。気温は平均して30度前後。

この日はレンタカーを借りに行くので10時に『ハーツレンタカー』へ向かう。コンドミニアムから歩きでの移動。

前夜到着したのが深夜だったのでパースの街の風景は分からなかったけどこの日初めて見る事となる。

旅行代理店からいただいた日本語版パースの中心地の地図を見ながら移動する。

いつもの事だけどまず、土地を知るのが重要なんだよね。

オーストラリアはニポンの20倍の国。したがって1ブロックの移動だけでもかなりある。

コンドミニアムからハーツレンタカーへは3ブロックほどの移動をするだけでうっすら汗が出てくるけどなんだか過ごしやすいのを感じる。

やはりニポンとは違う『夏』だなぁ。

レンタカーはニポンから予約してたのでスムーズに借りれた。それでも国際免許証、ニポンの免許証、クレジット・カードは必要です。

今回はTOYOTAのカローラ・コンパクト。パースでは平日、週末いろんな場所でフリーマーケットが開かれるみたい。コンドミニアム生活のtakeちゃん達も初パースでの買出しが必要だ。

0801110120australian_043 まずはパースでの生活必需品を揃えるとするか。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『るみばぁちゃんの讃岐うどん』 実食、冷やし&温うどんin納豆編

うどんネタばかりですいません。

1袋3人前なので「袋を開けたら早めに!」との注意書きを守ります。

今回は残りの2人前を試すことにしました。

と、言っても見た目は2人前もないんじゃない?ほどの量。

これをたっぷりの湯で茹でるのだ、前回と同じく15分。今回は初めて麺をお水で洗った。

(あたりまえだけど)麺はヌメリが取れてツヤツヤとしている。これに付属の醤油タレでいただく。

うん!口当たりもいいし喉越しもいいじゃない!『冷やし』もいい!

が、2口目くらいで飽きてしまう。今のニポンの2月の季節のせいだろうか・・・?

ここで次のチャレンジにする、残りは再び湯で温めることになる。この作業によってフレッシュな麺を温かい状態でいただくことができるのだ。

前回は玉子。今回は納豆にチャレンジだ。納豆には付属のタレ、カラシを入れてメッサ混ぜておく。(300回くらいはしたと思う)

再び茹で上がった麺をざるで湯切り。丼へ、そこに納豆を投入だ。

Udon041224_1 画像は借物だけどほとんどこんな感じです。

とにかく、これらを「ガァァ~」と混ぜていただくのです。

納豆の粘りとうどんが見事に合います。これにはtakeちゃんも脱帽でした。

この麺はいい!やっぱり温かい方がいいかな。

この麺は今日からお店に導入します。みなさんお楽しみに~^^v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『るみばぁちゃんの讃岐うどん』 実食、釜玉うどん編

 前回の記事の続きになります。今回楽しみにしていた通販の『るみばぁちゃんの讃岐うどん』、やっと頂くことができました。

010 袋に入った麺には粉がたくさん付いている、これを振るい落として沸騰した湯に入れる。

お湯は1人前100gで1ℓ以上あった方がいいみたい。たくさんのお湯で茹でるのが基本だとか。

011 沸騰したお湯に麺を入れて15分煮込む。

麺は火が入ると浮いてくるのでそれまでは箸で触ってはいけないなどの注意を守り、その間に今回の仕込を同時進行する。

012 今回の目的は『釜玉うどん』。まずは丼に添え付けのタレ、そして生玉子を丼に入れる。

013 これを麺を茹でている間に混ぜるのだ。この作業の時できれば丼もお湯で温めた方がいいらしいのだが今回はパスする。

丼にネギを入れてそして茹で上がった麺を丼に投入する。

009 湯気がいっぱい!それを箸で全体を混ぜる!熱ければ熱いほどいいかも。

熱いうちに出来上がったのは『讃岐風カルボナーラ』といったとこだろう。

014 できた~。完成です。

麺は違っても見た目はほとんど『カルボナーラ』だ。w

熱い麺でほどよく玉子が麺に絡んでる。欲を言えば玉子はもっと熱が入った方がいいが今回は初めてなのでこれは次回攻略しようとしよう。

さて、楽しみだった『るみばぁちゃんの讃岐うどん』。これには驚いた!15分茹でたのにこの麺の食感はスゴイ!

こんなに茹でても麺がノビてないんだよ。ツルツル、プリプリと喉越しがいいじゃない。

これはいいゾ!takeちゃんのお店にも導入しよう!

いゃ~参った。今回は熱々を頂いたけど次回は冷水で〆て違うのを頂こうとしよう。

このレポもいつかアップしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

讃岐うどん るみばぁちゃん編

takeちゃんは麺類が好きだ。よくこのブログでもネタでアップすることがあるよね。

今回は『讃岐うどん』です。

友人、知人から御土産でいただいた『讃岐うどん』は乾麺、生麺、だし付でどれも美味しかった記憶がある。

takeちゃんが住んでる名古屋では自分が知らないだけかも知れないけど『うどん』ならここだ!

というお店は少ない。お気に入りのお店は名古屋市に1軒、尾張旭市に1軒、多治見市に1軒といったかんじ。(自分の好みです)

しかも『うどん』は市販の『冷凍うどん』のデキがいいので当然自分で作ることもしばしばと。

『讃岐うどん』の乾麺、生麺タイプ、御土産でこんなに美味しいなら本場、四国のお店で1度は食べてみたいじゃないか!

実は一昨年、去年と「四国へ行って讃岐うどんを食べに行こう!」という企画を立てたのだが結局、日程、天候が合わず、(これは愛車「流星号」での企画)2年続けて企画倒れになってしまっていた。

そんなある日、ネットショッピングに『池上製麺所 るみばぁちゃんの讃岐うどん』というのを発見!

このお店の『讃岐うどん』を生麺、つゆ付なら食べたい!というtakeちゃんのアンテナがピピピと作動!迷わずアクセス!

数量限定だったけどなんとか購入することができました。そして無事に納品というワケ。

007 008

1袋3人前。これが8袋。24人分だ。送料、代引き込みで4830円。1食200円ちょっと。

takeちゃんお気に入りの、どのお店よりもお値打ちな金額になる。

本場、四国のお店で食べるのとは差があるとは思うけどそこそこ期待できそうな予感。次回は『実食!』レポ間違いないw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牡蛎のオイル漬け

 パース旅行のレポの途中ですが今回は違うネタを1つ。

ミクシィのマイミクさんである、ゆか☆さんから年末に牡蛎をいただいた。

これが養殖とは思えないほどのご立派な牡蛎。味は天然物に近いほどのデキでいいじゃない!

殻付の牡蛎と剥き身の牡蛎と両方いただきました。

殻付牡蛎は美味しくいただいたけど剥き身の牡蛎を処分できない。そこで今回、この剥き身を加工できないかな?

それでは牡蛎のオイル漬けがいいな!早速加工作業。

Photo 水気を切った牡蛎をフライパンで火を通し。にんにくのスライス、オリーブ・オイル、鷹の爪に漬け込む。

ここでオリーブオイルをケチってはいけない。たっぷり使いましょう。

半日~1日ほど漬ければOK。残ったオイルはパスタとかにも再利用できますよ~。

ゆか☆さん、牡蛎美味しかった~。テンキュウ^^v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

08.01.11 .オーストラリア・パース  6 パースについていろいろと、、、 

 前回の記事で書くことだったけどいつもの事でシラフでないから今回にします。

パース国際空港からtakeちゃんが滞在するコンドミニアムはパースの中心地にある。

車の移動で30分弱といった所だ。深夜2時の移動は初めての経験だったのでなんだかワクワク。眠気も覚めてしまっていた。

車内ではニポン人スタッフがパースについていろいろ説明してくれた。

☆1月はパースは真夏であるが深夜、早朝は気温が低くなるとのこと。その為、軽い上着は必要。

☆ニポンと同じ感覚ではいけない。パースでは平日でもあらゆるお店が18時頃には閉まる。

ニポンでは24時間営業があたりまえのコンビニも閉まります。

週末には休業が普通。(例外なお店もあります、ファーストフード店など、、、)

☆パースは『世界で1番住みたい国』と言われてるがここは外国、基本的に深夜の1人歩き(特に女性)は控えたほうがいい。

しかもパースでの深夜は日が暮れてからだという。驚いたのは22時からの外出者は『不良』。

いわゆる『ヤンキー』と見なされるようだ。例外に昼間でも見た目アヤシイな!と思ったら近づかない事!

☆パースではチップの習慣はないけど一応先進国のニポン人として自分が気持ちのいいサービス(接客行すべて)を受けたと思ったときはオーストラリアではあまり使わないコイン(これは個人差があるかもしれないけどOK)もしくは$紙幣を自分の感覚で。

と、まぁ、こんな感じに説明をしてもらったわけで。『メディナ バラック プラザ・パース』深夜2~3時にチェックインしたtakeちゃん。

部屋は5階の53室。ニポンから時間をかけてようやく着いた所だけど翌朝はレンタカーを借りに行かなければいけない。

でも、シラフでは寝れないよね!w。冷蔵庫にあるビールを2本ほど飲んで寝ましたわ。。。

つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

08.01.11 .オーストラリア・パース 5 パースへ 

『ターミナル3』、20時発パース便の搭乗ゲートでしばしの待ち時間を過ごす。搭乗ゲートへはテロ防止の為、今ではどこの空港でもセキュリティが厳しい。

チャンギ空港内で買ったミネラルウォーターも半分以上残ってたけどセキュリティチェックのゲートで廃棄することになる。

そしてゲートを越えてからショップでミネラルウォーターを購入する。これは機内での「エコノミー症候群」を防ぐ為に水分補給が必要だからなのだ。

飲物類はCAの方に言えば問題ないけど、これは自分達がいつでも気楽に過ごす為に必要なアイテムなのだ。

さて機内ではニポン人は自分達を含めて数人ほど。あとは各国の方が多かった。

席は3列×3。その真中の席。takeちゃんのお隣に1人。機内はほとんど満席状態。

こんな感じでシンガポールからパースへ。

名古屋発と同じでシンガポール航空はパース行きでも機内食は美味しい。

驚いたのはサービスで「靴下、歯ブラシ」のセットを提供してくれました。

この時takeちゃんはTシャツ、短パン、サンダルというスタイル。

機内は冷房が効いており意外と寒い。毛布だけでは辛かったので靴下を履くことになる。

見た目、ダサイがそんな事は気にしてる場合ではない。

シンガポールからパースへは6時間の空の旅をすることになる。

ビールを飲んでから、少し眠ろう。

かなり眠れたみたいだった。気がつけばパース国際空港へは後30分ほどで到着のようだ。

AM2時(シンガポールからパースへは1時間の時差がある)パース国際空港に到着。

友人の、「のんつん」さんからの情報で入国審査が厳しいとのことだったけど普通にクリアできました。

深夜だからなのかな?

迎えにはニポン人の方がボードを持って待ってました。深夜なのにお疲れさまですね~。

深夜のパースを空港からtakeちゃんが滞在するコンドミニアムへ移動。

フロントは24時間対応なのでこの日は無事にパース入りしました。

ふぅ~、長い!長かった!ほとんど24時間の移動だよ。

今回は写真のアップはありませんね~。サーセン。

つづきます、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »