夏休み 6

09717hawaii_olympus_075

去年のカナダ、バンフで初めて乗馬に挑戦してスッカリハマってしまったtakeちゃん。

今回のハワイツアーでも!と思い、いろいろ検索していた。

ここ「ホテル・ハナ・マウイ」でも乗馬ツアーがあるのを発見!(定員10名に限られため、ホテルゲストが優先されるけど空いていれば一般でも参加できます。)

ニポンで予約済みなのでバウチャーを持って集合場所へ。

09717hawaii_olympus_051

いかにもロコ!な彼女はバウチャーを見て「ここじゃないよ。8マイル先の牧場だよ。」と。

「えーーーーーっーーー!!!Σ(゚д゚;)」そんなぁ~、、、。今から車で行っても間に合わないよ、、。

すると彼女は「うそwうそwここでいいわよ~ψ(`∇´)ψ」なんともオチャメであるw。

09717hawaii_olympus_099

馬の名前は《kiiler(殺し屋)》だとか!とにかくユーモアw

09717hawaii_olympus_108

ホテル・ハナ・マウイの隣にある牧場から片道30分くらいを乗馬する。

馬や牛を結構近い距離で見れるけどドキドキだ。。。調教はされているがいつ野生の血が騒ぐか分かりゃしない、、。

kiilerは突然止まって草を食べだすし、、、馬の動きに集中していないと落馬する可能性もある。(これは前回のカナダでも経験済み)

そんな中、デジカメを右手に持ち、撮影できるところはパシャリ。しかしこれはかなり危険な行為だ。もしもの場合(デジカメ落下)は誰も保障してくれません、、、あくまで自己責任ですよ。

今回の乗馬ツアー。前回のカナダ、バンフの時と違うのはナイスなシーンで写真撮影があったこと。

オチャメなロコガールは「デジカメ持ってる?、撮ってあげるわ。」と馬に乗りながらのショットを撮ってくれた。

09717hawaii_olympus_094

「takeちゃん&kiiler」 のなんちゃってターミネーターw。catface

と、まぁ、なんやかんやで1時間の乗馬はあっと言う間に終わってしまった。。。

去年のカナダ、バンフの乗馬では虫に刺されてオーマイガー!!!だったけど虫除けスプレー対策のおかげか、今回はそんなこともなく終始、乗馬を楽しむことができた。

「天国のようなハナ」とオチャメなロコガールのセットは充分、takeちゃんを楽しませてくれたw。

| | コメント (2)

夏休み 5

09717hawaii_olympus_166

ハナ・スクール。

09717hawaii_olympus_152

ハナ牧場の放牧牛と丘の上のフェイガン・クロス。

09717hawaii_olympus_049

ハナ湾のトゥトゥズ、ホテル・ハナ・マウイ内のレストラン以外では唯一の食事どころ「ハナ・ランチ・レストラン」。

09717hawaii_olympus_052

ガソリンスタンドはここ1軒のみ。その他、銀行、郵便局、病院なども1軒、、、。

09717hawaii_olympus_054

「ハワイの天国」と謳われるマウイ島ハナの街で地元の信者から愛され続けるシンボル的存在の「ワナナルア教会」(1日に1組限定です)。

09717hawaii_olympus_050

そしてガソリンスタンドの向かいにある「ハセガワ・ジェネラル・ストア」。

Hana_airport

ハナ空港。(画像は拝借しました。)

「ハナ・ビレッジ」と呼ばれる区域はtakeちゃんが滞在した、「ホテル・ハナ・マウイ」を含め、このくらいの施設がある。

ハナ空港以外はホテルの敷地圏なので散歩するにはちょうどいい距離。

2日目の朝はこんな感じで散歩を楽しんだ。run

ホテルの玄関へ着くとこんなのを発見sign02

09717hawaii_olympus_056

なんだ?この石は!?

なんの為にここにぶら下がっているのか?

09717hawaii_olympus_057

ちょっと読んでみた。

※この石はすぐれた天気の指標です。

石が乾いていれば、雨が降っていないことを意味します。

石が濡れていれば、雨が降っていることを意味します。

石の下に影があれば、太陽がさしていることを意味します。

もし石が揺れていれば、強い風が吹いています。

もし石がジャンプしていれば、地震が起こっています。

もし万が一、石の上が白ければ、信じようが、信じまいが雪が降ってます。

と、こんな感じだろう、、w

空気を読んだ方にはお分かりだろう。そう!これは「天気石」。

う~ん、これはジツに興味深いw、。。。朝の散歩での「不思議!発見!!」でした~。

| | コメント (2)

夏休み 4

09717hawaii_olympus_055

「ホテル・ハナ・マウイ」

66エーカーの敷地の中にある、コテージスタイル(こんなに広い敷地なのに70棟しかない、、、)のホテル。

09717hawaii_olympus_158

開放的なロビー

09717hawaii_olympus_031

カートのドライバーはロッキー。とても気さくでフレンドリー。敷地内は広いのでレストランへの移動など、電話をすればカートで迎えにきてくれるサービスもある。

09717hawaii_olympus_186

各部屋への案内。

09717hawaii_olympus_033

ここがtakeちゃんが2日間泊まるコテージ。オーシャン・サイド。

アロハ、無事に辿り着いたハナ・マウイ・ホテル。その前に買出しに行かなきゃ。

09717hawaii_olympus_030

ホテルの隣にある日用雑貨屋、「ハセガワジェネラルストア」。

1910年に広島からの移民、ハセガワ兄弟が
同じく移民の方々のための生活用品調達店として
オープンしたのが今や有名な「HASEGAWA GENERAL STORE」。

ハナではここ以外、なんでも揃うお店はないだろう。

ビール、ワイン、お水、などを買い込み部屋へいくと、、、ここ「ハナ・マウイ・ホテル」では

お水、ソフトドリンクは無料でいただけることを知る。

この日はショーを見ながらのバフェイがあるとのことで、今夜のディナーはそれにする。

ロッキーにドレスコードを聞くとTシャツはダメ、短パン、サンダルはオッケイなのでアロハシャツに着替え、ディナーへ。

マグロのポキが美味しかったなぁ。ワインはボトル45ドルから!ハセガワストアなら半額以下だ。

やはり、ホテルではこんなもんか、、、。基本が贅沢にできていないのでレストランではせいぜいボトル1本で十分なtakeちゃん。

部屋で飲みなおしだ。ビール&お風呂は最高の贅沢だなぁ、、、。sad

エアコンもテレビもないけど波の音、風の音を聞きながらノンビリと疲れを癒すのであった。

| | コメント (2)

夏休み 3

マウイ島の東の果てにあるハナへの行き方は2とおり。ひとつはホノルル空港からセスナでハナ空港へ行く方法。

そしてもうひとつはカフルイ空港からレンタカーを使って行く方法。

ハナに滞在するだけの目的ならホノルル空港からセスナでハナ空港を利用するのがベストなんだけど、今回の夏休みのハワイツアーはマウイ島で7日間、オアフ島で2日間。

マウイ島ではハナで2日間、カパルアで5日間という日程なのでレンタカーは必要なのだ。

『天国のような町、ハナ。』

ガイドブックではよくそう称されている。マウイ通でなくても誰もが知っている町で、ハワイが大好きなら人なら一度は行ってみたいところ。。。ハワイで天国に一番近い場所。。。

 ところが天国に近いだけあって、ここにたどり着くのは簡単じゃない。

 《天国へ通じる道、ハナ・ ハイウェイの道はとても険しい。》

80kmほどの道のりだけど、まるでジャングルの中を走っていくようなクネクネと曲がった道が延々と続き、片側通行の道やギリギリ車1台がすれ違う道があったりする。

09717hawaii_olympus_023

とにかく初めて走る道。ゆるいカーブもあればカーブの出口が見えないところもある。

常に運転に集中しなければ天国に着くどころか地獄に着いてもおかしくはない道。

当然速度は20~40キロくらいまでの繰り返し、、。でも道幅に余裕のある所では休憩をしていく。

お店らしきのがあるけど人の気配がない、、、

09717hawaii_olympus_026

1度でもハナに行ったことがある人は ハナにはもう1度行ってみたいとは思うけど、あの道をまた行くことを考えるとどうしても躊躇してしまうんじゃないかな、、、

09717hawaii_olympus_027

1時間ほど走った。ここには人がいたのでコーヒータイム。

09717hawaii_olympus_029

パイナップルがあった。すると店員さん試食用にカットしてあるのを差し出してくれた。

これは美味い!はい。お買い上げですよw。

09717hawaii_olympus_028

標高の高い所から低い所に出てきた。そろそろ2時間くらいかなぁ、、。なんて思ってたらナントsign02到着でした~。happy01

3時間は覚悟してたけど、よく考えたら渋滞はしてないし信号なんてないしここまでの距離が80キロならこんなもんかな。

やはりニポン逃亡初日の移動はツライ。takeちゃんはこういう移動に慣れて(?)いるからまだいいけど、初めてこういう移動をする方は機内での過ごし方とかレンタカーでの余裕ある運転を心がけてくださいね。

| | コメント (2)

夏休み 2

09717hawaii_olympus_011

そうそう知らないうちにアロハ航空は完全撤退してました。ちょっと調べてみたところ、

ハワイを拠点とする航空会社は現在、Go!、ハワイアン航空、モクレレ航空、アイランド・エアー、パシフィックウイングがあります。

今回も3年前と同じくアイランド・エアー。離島に行くときは搭乗口に入って右側の席に座ってくださいね。

09717hawaii_olympus_013

空から見るワイキキビーチ。ロイヤルハワイアンホテルのピンクと海のブルーの景色は最高に美しい。

09717hawaii_olympus_015

ダイアモンドヘッド。オアフ島の守り神だね。

09717hawaii_olympus_020

モロカイ島の次がマウイ島。

09717hawaii_olympus_022

おおお!あのクネクネした道を走って行くんだ。rvcar

アロハpaper 

カフルイ空港に到着したtakeちゃん。よく考えたらこの空港は2度目だった。

しかもレンタカーをこの空港で借りるのは初めて。しかしホノルル空港と違いスムーズに車を借りることができた。(ニポンで予約済み)やはり離島はこういうところにも便利さがある。

レンタカーの店員さんにハナへ行くまでの時間を尋ねてみると、初めてハナに行くのなら3~4時間くらい。この空港で必ず人数分の水は持っていったほうがいいと教えられる。

ハナへ行く道は空港を出て最初の信号を左折。そのまま道を走って行けば着く。とのこと。

09717hawaii_olympus_211

今回マウイ島でのtakeちゃんの車はマツダのコンパクトカー。

店員さんは同じ料金だからコンバーチブルのシボレーを乗ってけ!と言うけど、

これから行く道はワンレーンブリッジが多いことは勉強済み。横幅がある車は危険だよ。

店員さんの申し出はありがたいけど丁重にお断りさせてもらった、、。

時間は15時を過ぎていた。ここから3~4時間かぁ、、、日が落ちるまでには到着したい。

めざせ!ハナへrvcardash

| | コメント (2)

09、7、17(金)~27(月) 夏休み 1

09717hawaii_olympus_004

今年の夏休みはどこに行こうかな?

ここ最近の夏休みはラスベガスを絡めたツアーをしてたtakeちゃん。

今年もそのつもりでラスベガスでのショーを楽しみに企画をしていた。

LAに住んでる、ねーさんにも連絡を取り合ってラスベガスでのショーのオススメなんかも聞いたりして、ほとんど決まりかけてたところ、、、

なんと!成田からラスベガスへの直行便がなくなってしまったとのこと、、、。

今回もラスベガスだけではなく、3年前に行った、ラスベガス&ハワイを計画してたので、直行便がないと余分に飛行機代がかかる、、、。

常に進化しているラスベガスのショーは楽しみだったけど、去年の夏休みにカナダ&ラスベガスに行ったので今回は見送り。

09、7月の夏休みは3年振りのハワイに決まった。

09717hawaii_olympus_002

セントレアでのお約束。ニポンを離れる前にはここは外せない。

09717hawaii_olympus_003

今回は手羽先、子袋、台湾ラーメン。うん、満足、満足。

食後にラウンジへ行くが、20時30分でクローズだったので、寄らずに出国ロビーへ。

ここではWi-Fi(無料の無線LAN)があったけど、iPhoneの勉強不足のため活躍せず、、、

でも、ビジネスコーナーには無料で使えるPCが4台あった(3年前にはなかった)ので時間潰しができた。

3年振りのセントレア発~ホノルル便。出発は22時、定刻通り出発した。

日付変更線を超えたので現地時間は09、7、17(金)。

11時に到着したホノルル空港では早朝の到着ラッシュを終えたようでニポンでは3連休なのに入国審査も過去に経験したことがない早さで終わった。これはありがたい。

09717hawaii_olympus_006

ホノルル空港から離島に行くのには自分達で移動しなければいけない。

3年振りで少し迷ったけど思い出すw。この看板にあるCに行けばいい。

09717hawaii_olympus_005

誰もいない、、ホントにここでいいのか?

初めての方は不安になると思うよ、、。

09717hawaii_olympus_007

でもここでいいのだ。

09717hawaii_olympus_008

アイランド・エアー。

09717hawaii_olympus_010

14時30分 カフルイ空港に向けて出発だ~airplane

| | コメント (2)

コナ・ビレッジ・リゾート 其の五

 コナ・ビレッジ・リゾートでは毎週金曜日の夕方に「ルアウ・ショー」が行われる。

ディナーにはハワイの伝統の料理「カルア・ピッグ」(豚の蒸し焼き)を本格的に再現した物を見ることもできる。

Picture2b036 地面に穴を掘り塩漬けした大きな豚を丸ごと入れてバナナの葉などで包み蒸し焼きにするのだ。

4~5時間くらいかけてじっくり蒸し焼きにするそう。

味はと言うと塩がキツイかな。でもシンプルに豚の旨味が味わうことができていいかも。

Hawai_001 敷地内のいたる所には「ハンモック」もある。ビーチ沿いの「ハンモック」で波の音を聞きながらお昼寝なんてのもいいじゃない。

ビーチ沿いをウォーキングしてる時にはイルカの群れが泳いでいるのも見ることができる。有料のドルフィン・ウォッチングに行かなくてもいいねw。

セキュリティーのゲート迄のウォーキングでは野生の山羊が見れる。山羊を発見するのも楽しい。

レンタカーでお出かけする予定のある人には「ランチボックス」のサービスもある。(これも無料)

これは前日申し込みが必要。ハワイ島での移動は目的地にもよるけど往復時間が予想した時間よりかかることがある。道が限られている為、自然渋滞が発生することが多い。

レンタカーでの移動を考えてる方には必要な水、食べ物の確保(ランチ・ボックス、フルーツ、スナックなど何でもいい)をオススメする。

さてtakeちゃんはここには3度訪問した。見事にtakeちゃんのツボに入ったというワケだ。

このホテルにはほとんどがリピーターだと言うのにも納得した。最後に訪問したのは2年前。

その当時で1人、$500くらい。宿泊料金、3度の食事、アルコール以外のソフトドリンクは好きなだけ飲める、シュノーケル、シー・カヤック、ブギー・ボード、グラス・ボート、スポーツ・ジム、テニス、サウナ等の無料サービス。

人それぞれだが考えようによってはこれはかなりお値打ちだと思う。ニポン人もほとんど見かけない。ニポン語なんて通用しないしw。

なによりここがホントのハワイと感じる事ができるのが嬉しい。

旅行代理店のOさんの言う事は間違いなかった。

『日常から離れた生活、何もない、何もしない』のは最高の贅沢だという事を知る事ができた。

「コナ・ビレッジ・リゾート」ハワイ島に行かれる事ができる方1度訪問してみてはいかがだろうか。

終り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コナ・ビレッジ・リゾート 其の四

Beachroad

コナ・ビレッジ内にはテニス・コート、スポーツ・ジム、サウナ、シュノーケル、シー・カヤック、などが無料で利用することができる。中には有料なのもある。

シュノーケルやシー・カヤックはツアー会社に申し込むと半日コースで$70~80はするはず。

Diveshop コナ・ビレッジでは朝から日が落ちる迄は好きな時間にいつでも利用することができるのでありがたい。

takeちゃんも滞在中は何度もシュノーケル、シー・カヤックを利用した。

何度も利用するにはワケがある。それはシュノーケル、シー・カヤックも数十分ほどで飽きてしまうのだ。1番重要なのはいつまでも海にいれば日焼けでヒドイことにもなってしまう。

Diveboat グラス・ボートは決まった時間に数回ある。これも無料。

ここで見れる魚のパンフレットを見ながら2・3ポイントを移動する。

何度もビーチハウスに顔を出すので当然スタッフと仲良くなる。彼の名前は「T・J」長身でナイス・ガイ。彼は「ここへは初めてかい?ディナータイムになるとレストランの近くにある浅瀬に来るといい。マンタが来るよ。」との事だった。

Sunsetpalm コナ・ビレッジのレストランは「ハレ・サモア」、「ハレ・モアナ」の2ヶ所。

こちらも基本的に無料、宿泊料金に含まれてます。スペシャル・メニューは有料。曜日によって開いてる日と開いてないときがある。

レストランの予約は当日の朝食時に申し込まなくてはいけない。

ちなみに’02当時の食事の料金設定は朝食$21、昼食$27、夕食$65。

Hawai_002 サンセットを眺めながらのディナーは最高。当然この時間が1番人気。

正直ここに滞在すると朝食と昼食が美味しいので夕食はそれほど興味がなくなってしまう。でもバッファローのお肉など普段食べれないのがあったりするので

結局食べてしまうんだな、これ、、、海外に出かけると太って帰ってくるtakeちゃんなのだ。^^

「T・J」の言う通りレストランのそばの浅瀬にはマンタがいた!小型のマンタが2匹。

どうやら餌付けしてるようで毎日決まった時間にこの浅瀬に来るということだった。

Img20060825 コナ・ビレッジのビーチでは必ずと言っていいほど海亀を見る事ができる。

Turtleboard

こちらも餌付けをしてるとのことだ。

ある日takeちゃんがシュノーケルを楽しんでたら人にぶつかった感覚があった。海面へ出て立ち上がり「アイムソーリー」したら

なんと!人ではなく、海亀!だったのは今思い出しても笑える出来事だった。

ちなみにアメリカでは海亀に触れてはいけません。偶然ならしかたないけどねw!

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コナ・ビレッジ・リゾート 其の参

Cart 部屋への移動はゴルフ場でも活躍してるカートでの移動だった。

ここ「コナ・ビレッジ・リゾート」はとにかく敷地が広い!

そのおかげも手伝ってか、朝、夕のウォーキングにはちょうどいい距離も後に知る事となるのだが。。。

Mycotage Village07

ハレ(ハワイ語で部屋)のタイプ、これはどこの観光地でも一緒で海が見えるハレが一番料金は高い。

次に海から少し離れたハレ。takeちゃんはここに泊まる事になる。たしかM6だったと思う。

Cotagebed  ハレに入る。すると驚いた事に部屋には鍵がない!セーフティボックスはあったけどいいのか!?「コナ・ビレッジ・リゾート」。

後で知ったんだけどセキュリティは24時間体制、外部からの侵入にはキビシイ。しかもスタッフの教育には万全の準備をしてるそうだ。つまり何か不具合が生じたらトコトン追求するらしい(ある意味こっちの方がスケアリーだw)。

ま、こんな事も初めての経験だ。部屋にはエアコン、テレビ、ラジオ、電話等の設備がない。

ここに滞在してる間は日常の生活から離れた生活を送ることができる。

Village08_2 日が暮れてくると街灯が少ない為(これはホテル側がワザとそうしている)、外出はチト危険。ハレには宿泊者人数分の地図、ライトが用意されている。

敷地内にはアイスボックスが数箇所ある。ハレから一番近い所にtakeちゃんはこのライトを持ってアイスボックスへ何度も足を運ぶ事となるのだw、、、

街灯が少ない分、星空はスゴク綺麗!しばらく星空を見ていた。

こんな景色は見たことがない!、、、これにはマイッタなぁ。。。

Kapu そしてこの椰子の実は玄関に置いて置く事で「今は部屋に来ないでね」のサイン。

これが玄関に置いてあるうちは自分達以外の人が部屋に入ることはできないのだ。部屋の清掃とか細かい事は気にしない人にはありがたいアイテムである。

つづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コナ・ビレッジ・リゾート 其の弐

 初めてのコナ・ビレッジ・リゾートでのウェルカム・ランチはニポンで言うバイキング・スタイルだった。(こちらではバフェイ)

Lunchbuffeさすが南の島ハワイらしくフルーツは数種類と豊富、ヨーグルト、牛乳、などからなんと!刺身!(マグロ、サーモン、白身、牡蠣)の盛り合わせ!なんてのもある。しかもワサビと醤油(アロハ醤油)のセットまである。

続いて焼き物はチキン、ベーコン、ウインナーなど、そしてデザートまで豊富にある。これがランチ・メニューなのHburger か!?と驚くほどの品揃えだった。

中でも感動したのは「ハンバーガー」。これはシェフが炭火でバーグを焼いてくれている。後は自分の好みのトッピングを注文すればいいいのだ。

takeちゃんはチーズ、オニオン、トマト、マスタード多目wのオーダー。

できたてのハンバーガーは今迄食べた事がない美味しさだった。これがキッカケで今後もハンバーガーを毎日食べることになったのは言うまでもありませんw^^v。

ちなみにランチ時のソフトドリンクは無料です。アルコールは有料になりますけどね。

初めてのウェルカム・ランチを楽しんだtakeちゃんはとっても満足。これから部屋へと向かうのであった。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧